ばば子どもクリニック

東京都羽村市の小児科医院、ばば子どもクリニックです。
院長のコラムや、スタッフの小噺、クリニックからのお知らせをを掲載しています。
ばば子どもクリニックHP→https://baba-child-clinic.net

クリニック小噺

かなしいおはなし

 今日、自動ドアの隅から干からびたメダカが見つかりました。

 メダカはそう飛び出すことはないそうです。

 仮に飛び出したとして、見つかったポイントはメダカが飛び出して落ちるような水槽そばではありませんでした。

 なので、誰かが外に出したメダカ、ということになります。

 とても悲しく、残念なことです。

 せっかく皆さんに見てもらおうと設置している水槽です。
 
 どうか、水槽を見る際はお子さんと一緒に、見てください。

 子どもだけで見ることがないよう、お願いいたします。

MR(麻しん・風しん)ワクチンの予約受付制限について

-------クリニックからのお知らせ-------
現在、MR(麻しん・風しん)ワクチンの入荷が滞っております。
そのため、予約の受付を初回接種(1歳児)のみとしております。
在庫状況を見ながらご予約をお取りいたしますので、お電話にてご予約ください。
2回目(年長児)の方の接種は6月以降の入荷本数を見ながら電話にて予約を承ります。受付開始はホームページ・インスタグラムにて発信いたします。 よろしくお願いいたします。
-------クリニックからのお知らせここまで-------

毎年何らかのワクチントラブルが起こるのは、もうそろそろいい加減にしていただきたい、と何かが起こるたびに思うのですが、今年はMRワクチンのようです。

供給メーカーの1社の生産にトラブルが出ていること、3月の麻しんの流行に伴う需要の増加、新年度になり接種時期を迎えた年長さんたちが接種に来ていること、といった事情から3月までの流通にそこまでの影響はなかったものの、4月になり一気に供給量不足に陥ったようです。

国からの通達には定期予防接種に支障のないように、という形で接種を制限してくださいというご案内はなかったので、定期予防接種分は大丈夫だろうと思っていたのですが…。実際に欲しい本数が供給されない、支障ありまくりな状態です。

いつものように卸さんから滞ってます、お持ちできません、と言われたのが今日のこと。毎度毎度直前じゃないと連絡をもらえないもので、今回も多くの方にご予約の変更をお願いしなくてはいけない状況になっております。

本当は制限しないほうが良いのですが、このままだと初回接種の1歳の方へ供給ができなくなりそうだ、という状況になりそうなので、上記制限を設けることといたしました。

2回目接種(年長さん)への接種は当面の間、1歳児分をある程度確保したうえで余力のある分をお電話にてご予約を受け付けます。6月以降の受付再開する予定です。申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

なお、接種を急がなければいけない事情のある方は、クリニックまでご相談ください。



インスタ、はじめたみたいですよ?

流行に逆らえずインスタなんてものを始めてみました。主にクリニックの案内を載せる予定です。

 こんな感じの投稿とともに、ばば先生、インスタグラムをはじめたようです。
 なんでも先週末に日帰り弾丸旅程で、名古屋で行われた外来小児科学会の春季カンファレンスに参加して勉強きたそうでして。その中の講義でSNSを用いた医療情報提供に関する講義があったそうです。

 正しい医療情報を都度発信していくことの意義、その発信の仕方のエッセンスや方法についてのお話などもあり、大変刺激を受けてきたみたいです。

 当院でもこのブログ内で『ばば先生のコラム』として、医療情報の発信を行ってまいりましたが、もう少し手軽な手段での発信としてインスタグラムを始めることにしたそうです。

 というわけで、
 ばば子どもクリニックのインスタグラム https://www.instagram.com/baba_child_clinic/
 となっております。

 20代ではインスタグラム>X(旧Twitter)なのだそうで。インスタグラムから手を付けたそうです。
 今週くらいは毎日投稿したいな、だそうです。

 なお
 クリニックの案内を中心に投稿します。個別の医療相談/メッセージ返信はお断りしています。
 となっております。

江戸街道公園桜満開

今年は2月に暖かい日があったもののそのあと冷え込んだせいか、例年より遅い桜の開花となりましたね。入学式のころ合いに満開になるのは久方ぶりらしいです。

 クリニックのご近所さんの江戸街道公園の桜も満開を迎え、今年も大変見事な桜が咲き誇っております。火曜日の雨で落ちないか心配だったのですが、まだまだ楽しめそうな感じです。はらはらと舞う花びらもきれいでした。

DSC_5077


羽村には桜のきれいなところがたくさんありますが、江戸街道公園の桜もなかなかなものだと思ってます。

令和6年度の予防接種変更点について

-------クリニックからのお知らせ------
令和6年度より、定期予防接種に新規予防接種が追加されます。

・五種混合(商品名:クイントバック、ゴービック)…現行の四種混合にヒブが追加された製剤
・肺炎球菌15価(商品名:バクニュバンス)

羽村市より以下の指示がありましたので、当院での取り扱いは次のようにいたします。

・四種混合+ヒブで接種を開始した方は最後まで四種混合+ヒブで接種を行います。
 (四種混合+ヒブ→五種混合への変更はできません)

・五種混合同士の乗り換えはできません。
 (例:クイントバックで接種を始めた方はクイントバックで最後まで接種をします。)

・当院ではクイントバック、ゴービックの両方を使用します。
 希望するワクチンのある方は、ご相談ください。

五種混合の導入時期ですが、4月から導入されます。しかしながら、羽村市の予診票が出来上がり次第開始となります。令和6年2月以降に生まれた方には現在四種混合とヒブの予診票がない状態で発送されているかと思います。五種混合の予診票は、4月第2週までには追加発送するとのことです。お急ぎの方は羽村市保健センターまでお問い合わせください。

肺炎球菌ワクチンにつきましては、当院在庫が終了次第切替となります。
-------クリニックからのお知らせここまで------



 昨年、四種混合の接種時期の前倒し(3か月から→2か月から)という変更がありましたが、この変更は今年の変更(五種混合の採用)に向けての準備でありました。

 この五種混合ですが、厚生労働省からの通達をもとにそれぞれの自治体がこのようにしてください、といったとりきめを案内しているわけですが、自治体によって扱いが結構バラバラです。メーカーの方の情報などでは、結構気軽に四種→五種の切り替えをOKとしているところもあれば、接種過誤扱いにするのでやらないように、と通達を出している自治体さんもあるようです。

 それもこれも、割とどっちにも解釈できるような文面になっている厚生労働省の通達が問題ではあると思うのですが、そのどちらにでも解釈できるようになっている=運用にゆとりを持たせる、としたかったのかなぁ、とも感じます。そのおかげで自治体間でてんでばらばらの対応になっているわけですが。

 どちらのスタンスでも決して間違いではないので、当院では羽村市の決定に従い、上記の取り扱いとなりましたので、よろしくお願いいたします。
医療法人社団来檎会
ばば子どもクリニック

〒205-0011
東京都羽村市五ノ神352-22

Tel:042-555-3788

ホームページ
https://baba-child-clinic.net/index.html
アーカイブ
記事検索