ばば子どもクリニック

東京都羽村市の小児科医院、ばば子どもクリニックです。
院長のコラムや、スタッフの小噺、クリニックからのお知らせをを掲載しています。
ばば子どもクリニックHP→http://baba-child-clinic.net

ばば先生のコラム

ばば先生のコラムリスト集

過去のばば先生のコラムのリンクをまとめて掲載してあります。

ばば先生のコラムリスト・その3

ばば先生のコラムリスト・その2

ばば先生のコラムリスト・その1

ばば先生の子宮頸がんワクチンに関するコラムリスト 


最新のブログはこの下の記事からになります。

コロナウイルスワクチン接種のススメ

コロナウイルス(いい加減「新型」とつけるのをやめます。いつまでも「新人」と言われるのもどうかと思うので)のワクチン接種が大人でも小児でも進んでいます。今月からは6か月~4歳のワクチン接種が開始となります。

当院は、
どの年代のお子さんでも関係なく
コロナウイルスワクチンの接種を
お勧めします。

細かいことはここ(「新型コロナワクチン~子どもならびに子どもに接する成人への接種に対する考え方~」に関するQ&A:http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=379 )にありますので、詳しく知りたい方はリンク先を参照してください。

ここでは簡単に書きます。
まず、当然のことながら感染予防が期待できます。
また、仮に感染したとしても重症化するリスクが減ります。コロナウイルス感染症に起こる合併症として、クループ症候群(のどの炎症により、咳が止まらなくなったり、呼吸が苦しくなったりする症状)や熱性けいれん等が言われています。また、ごく稀にですが、脳炎なども発症することがあると言われています。

副反応に関しては、成人より少ない、あるいは軽いと言われています。もっとも、ワクチンを打たないでコロナウイルスにかかるよりは副反応のほうが症状は軽いというのは大人でも言われている事です。

ただ、ワクチンを接種しても完全に感染を予防できるわけではありません。例えば、家族内で流行すれば、ワクチンを接種していても感染します。ただ、症状は接種しない場合よりは軽く済みますので、多少は(看病していても)楽かもしれません。
また、接種から時間がたつと効果は弱くなりますので、3回目以降の接種は必要です。

成人と同様、これまでにコロナウイルスに感染したことがある人も接種が可能です。かかった事が無い人と同様、ワクチンの接種をお勧めします。

この文章を読んだ方には、「インフルエンザワクチンと同じじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。
まさにその通りです。インフルエンザワクチンも完全に感染予防できるわけではないし、毎年接種しないと効果が出ないものですが、接種することでかかっても軽く済むという点では一緒です。

コロナウイルス感染症は「特別なもの」ではないかもしれません。
ただ、特別なものでないから何もしなくていいのではないと思います。
特別なものではないからかかってもいいものではないし、予防する手段が多少なりともあるのであればそれを行わない理由はないと思います。

このブログを読まれた方が少しでもお子さんのコロナワクチン接種を考えて頂ければ幸いです。

子宮の日と子宮頚がんワクチン

4月9日はその語呂合わせから「子宮の日」なんだそうです。
そこで、昨年もやりましたが、子宮頚がんワクチンのお話です。

「みんパピ!」(https://minpapi.jp/)という子宮頸がんワクチンのサイトで、こんな企画を今やっているようです。

ひろゆき氏も推奨「子宮頸がん」の現実を伝える『コウノドリ』3週間限定無料配信!https://gendai.ismedia.jp/articles/-/93966

昨年の秋もやっていたものです。
その時に私も読み、その足で本屋に行き、コウノドリを買ってきました(汗)

当院では、以前から子宮頸がんワクチンの接種を勧めてきました。
その成果というわけではないのでしょうが、今年の4月から、子宮頚がんワクチンの対象の方に問診表が送られるようになりました。
そして、この勧奨差し止めの期間に接種できなかった方に対して、「キャッチアップ接種」という、無料接種の期間延長が始まるようです。
(詳しくは、羽村市のHP(https://www.city.hamura.tokyo.jp/0000005632.html)をご参照ください)

もう何も言いません。ぜひこれを読んで、考えてください。
宜しくお願いします。


ブログ担当追記:ばば先生の文章にもありましたが、子宮頚がんワクチンの接種を逃した方へのキャッチアップ接種が開始されます。対象の方、接種できる期間等は厚生労働省HP:ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou/hpv_catch-up-vaccination.html)
をご確認いただき、自治体の案内をお待ちください(実施開始のタイミングや予診票の発送時期など、自治体によって異なっております)。

ズボンの汚れ

昔から身なりに無頓着で、小さいころから「また薄汚れた服着てる」と怒られたものです。
学校で遊んで帰ってきいたから汚れてしまうんですけどね。

だからというわけではありませんが、よく汚れたズボンで診察していることがあります。


汚れる原因は・・・


鼻汁吸引(鼻吸い)の時に靴で蹴飛ばされるから。


ちょうど子供たちの足が当たる、私の右の太ももから膝上にかけて泥汚れになることが多いです。


あまりに濡れていたりすると着替えることもありますが、どうせまた蹴飛ばされるし、そのまま診療していることもよくあります。


ズボンの汚れを見たときには、蹴飛ばされたんだな、とぐらい暖かい目で見ていただければ幸いです。


(たまーに昼食の食べこぼしで汚しているのが混ざっているのは内緒です)

ブログ担当追記:先生はお子さんが先生を蹴ってしまうことは、ぜんぜん気にしていません。なので、鼻汁吸引の固定のときに先生を蹴らないように足を抑えてくださる方は、どうか足を抑えなくてもよいので腰のあたりでしっかりとお子さんの手を抑えながら抱っこしてください。
足も同時におさえようとするとどうしても固定が甘くなってしまうので。


診断名とやるべきこと

よく、「〇〇かどうか確認するように(幼稚園や保育園で言われた)」ということで受診されることが多いかと思います。
勿論、それかどうかの確認は必要なこともあるのですが、「だから何?」ということもあります。

我々が診察をするとき、勿論診断も大事なのですが、大事にしているのは診断名だけではありません。

例えば、「発疹が出た」ということで受診されたとします。
勿論診断も必要ですが、そこで最初に考えるのは診断でなく「緊急性があるか」です。
緊急性というのは、家で様子を見ていい(治療の有無は無関係)のか、入院が必要なのかということです。
そこで入院までは不要となれば(その時点で診断はなんとなくついていることが多いのですが、)次に考えるのは「その症状でどの程度患者さんが困っているか」です。

発疹であれば痛み・かゆみがあるかどうか、発疹以外の症状で困ることはなさそうかを考えます。
そこで困る症状があれば、それに対しての治療を考えます。

最後に、日常生活での注意が必要なものかどうかを考えます。その中で、学校保健安全法という法律で集団生活の出席停止が必要なものがあるので、それに当てはまる病気でないかどうかを考えます。

頭の中でそこまで考えたうえで、「〇〇」という病名がつきます。
もちろん、そこまで全部話をすると時間が足りないので、一部をかいつまんで話をしています。

これは例えで出した発疹の話だけではなく、発熱や咳といった他の症状でも同様です。
「何が原因」ではなく、「何に困っているか」を考えていく、これが必要なのではないかと考えています。

ブログURL
QRコード
医療法人社団来檎会
ばば子どもクリニック

〒205-0011
東京都羽村市五ノ神352-22

Tel:042-555-3788

ホームページ
http://baba-child-clinic.net/index.html



アーカイブ
記事検索