9月26日より、新型コロナウイルス感染症の陽性の方の発生届について、大幅な変更が行われました。

今までは発生届を全数、医療機関から報告の必要がありましたが(無症状で養成の方については別手段有)、陽性の方や保護者の方が報告するケースが増えます。

詳細は、
東京都陽性者登録センター(https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/shien/youseitouroku.html)

を読んでもらえると必要なことは書かれているのですが…。

これでも東京都のHPの中ではわかりやすい文章だと思いますよ?えぇ。ただ、本当はもう少し周知徹底したほうがいいのでは?と思う事項がさらっと強調もなく書かれているので、もう少し何とかならんのか?と思うのですが、その辺はおいといて…

まず、今後は
・65歳未満の方
・重症化リスクの低い方(基礎疾患のない方
・入院を要しない方
・コロナ治療薬や酸素投与が必要ない方
・妊娠していない方
これらに該当しない方は、ご自分で陽性の登録申請をしていただきます。これは医療機関で検査を受けた方も、ご自宅で何らかの検査で陽性になって手持ちの薬で何とかなるのでご自宅で様子を見られる方
も、同じく申請していただきます。

上でご紹介した陽性者登録センターのページの中ほど、3登録申請について、に表示されているボタンから登録申請を行います。

ご自宅など(街中PCRセンターなど)で検査をされた方は自主検査のほうで、病院で陽性と言われた方は下ですね。

gaiyo0921


この図で上のルート(黄色)がご自宅で陽性の方、下のほう(青色)が医療機関で診断を受けた方のルートになります。どちらも登録センターではお薬の処方は行えません。

抗原検査の方はその日のうちに登録できますが、PCR検査の方は後日結果が伝えられた時点で、陽性の場合は報告をしてください。

きちんと登録出来たら「申請の受付が完了しました」というメッセージが表示されますので、確認してください(ここ重要・メールなどがこの段階で送られてくることはありません)。
登録した後は、翌日、ないしは翌々日(登録した時間によるそうです)までに、登録に関しての結果通知が届くそうです。

それ以外にもこの陽性者登録センターのページには、報告とは別なことではあるのですが、いろいろ大事なことが書かれています。

・2.都による支援について
 ・食料品の配送支援(食料品送ってもらえます)
 ・パルスオキシメーターの貸し出し
 (血中の酸素濃度を測る機械を貸してもらえます。呼吸困難状態かどうかわかります。)
 ・宿泊療養のご案内
 (同居の方に重症化リスクの高い方がいて、できればほかのところで療養したい方向け)
 ・うちさぽ東京のご案内(何か困ったことがあったら相談してね、の相談先)
 それから一応、
 ・MY-HERSYS(マイハーシス)による健康観察(毎日の健康観察を入れてね)
 もあるそうですが、マイハーシスによる健康観察はどうもチェックが追い付いていないようなことをいろいろな方からお伺いしていますので、うちさぽ東京 0120-670-440 や担当保健所(当院かかりつけの方の多くは西多摩保健所になります)にご相談ください。
 ちなみに、うちさぽ東京は11か国語に対応しています。

・6.その他について
 ここにはそれ以外の大事なことが書かれています。

 ・抗原検査キットの配布 (回数制限はあるけど、抗原検査キットもらえます。)

 ・自宅療養期間中の注意事項
 (これは陽性の方、みなさんに一回は目を通していただきたいだいじなことが書かれています。

 ・療養証明書について
  (この変更が皆さんおそらく困ってしまうところだと思います。)

そう、療養証明書についての変更が一番下にあるんです。療養証明書がこの陽性者登録センターではできないようなのです。ただ、本来であれば、職場復帰にあたって
厚生労働省は、各種団体に医療機関や保健所に対して、療養証明書による証明を求めずに配慮するよう要請しています。つまるところ、証明書の提出を求めないでね、企業団体さんにお願いしているわけです。本来であれば口頭報告で済むはずなのです。

9/27追記:療養証明書の代わりに病院発行の診療明細書を、というアナウンスがされています。陽性者登録センターでの登録の際にも診療明細書をアップロードしてください、という記載があります。
診療明細書(医学管理料に「二類感染症患者入院診療加算」(外来診療・診療報酬上臨時的取扱を含む)が記載されたもの)とあるように、新型コロナウイルス感染症にかかった場合、上記医学管理料が請求されますので、それをもって療養証明書に代えてくださいということのようです。ただ、これも併せて周知徹底されないと厳しいと思うんですけどね。

ただ、健康観察につかえるMY-HERSYSから療養証明書が発行できる記述も残されているので、どっちよ!?とも思うのですが、もし、送られてくるMY-HERSYSから療養証明書の発行ができなければ、書面で西多摩保健所に申請すると発行してはもらえる(1-2か月はかかります)ので、詳しくは西多摩保健所HPをご参照ください。

そもそも、厚生労働省の通達通り、療養証明書を出勤にあたって求めないでいただければと思うのですけどね。

結局長々書きましたが、この先、陽性報告はご自分で登録することになります、ということと、東京都でいろいろサポートを準備しているので、うまく利用してくださいね、詳しくは東京都陽性者登録センターで調べてみるか上のアドレスのページを見てみてくださいね、です。