・補完食はいつから始めるの?
よく「5~6か月頃から」なんてことを聞きます。実際、日本の指針も5~6か月頃と書いてあるようです
し、実際外国でも5か月以降を推奨しているところが多いようです。

ただ、5~6か月のお子さんといっても、やっと寝返りをうてるようになったお子さんからずり這いしそうなお子さんまで発達は様々です。

以下の3点ができたところを離乳食を始める目安としていいかと思います。

・支えれば安定して座ることができる
・口の中に固形物を入れても、舌で押し出さなくなる
・大人が食べている様子に興味を持つ、じっと見る

これができれば離乳食もスムーズに食べられるかと思います。


・どれぐらい食べさせたらいいの?

基本的には「好きなだけ、食べたいだけ」与えて大丈夫です。

逆に、用意した離乳食を全部食べ切って、なおかつその後に母乳あるいはミルクをたくさん飲めるようであれば、もっと食べられるということになるので、離乳食の量をもっと増やしてください。

お子さんの成長はそれぞれです。離乳食本の数字の量なんて目安にもなりません。標準より大きめの子には足りないでしょう。だから、量はその子にあわわせて「好きなだけ、食べたいだけ」が大事です。

また、「いつから2回食/3回食にするの?」という質問もよく聞きますが、これも食べられるのであればどんどん回数も増やしていいと思います。


次はフォローアップミルクとベビーフード